アトリエ カーメルブルー 羽深比佐子 野口和香子 七宝展
2019.1.7〜1.12
11:30〜19:30(最終日は16:30まで)

七宝展 写真.jpg

羽深比佐子 プロフィール

1932年新潟県生まれ。小学校教師を経て結婚。千葉市花見川区に住む。
高田敏子氏、伊藤佳一氏に師事、詩の創作を学ぶ。
工芸作家水谷藤水氏に師事、彫金と七宝を学ぶ。
小池邦夫氏に師事、絵手紙を学ぶ。
現在 東京都豊島区在住。

【七宝】
1973年より 千葉市美展、千葉県展に七宝作品を毎年出品、入賞等
1978年より 日本七宝作家協会主催の展覧会 (東京都美術館、上野の森美術館など) に毎年出品、入賞等
1980年 日本七宝作家協会国際展に初出品
2000年 フランス七宝協会主催 INTERNATIONAL DE L’EMAIL(スイス)に招 待出展
2002年 第36回 法人認可20周年記念 日本七宝作家協会国際展にて作品「燦雨」 が協会賞を受賞
2003年 フランス七宝協会より再度招待出展を受ける
産経新聞に作品「春雷」を紹介される
以降 カルチャースクール、公民館などで指導を続ける傍ら、美術展等にて作品を発表
銀座 ぎゃらりー大倉、松崎画廊にて個展千葉市美術協会元役員 日本七宝作家協会元会員

【絵手紙】
1988年 小池邦夫氏に師事し、絵手紙を始める
1994年 パリ絵手紙交流展、ルクセンブルグ絵手紙遣欧使の旅に参加
~1998年 中国絵手紙特別講座など各種特別講座に参加
1999年「21世紀へのかけ橋」絵手紙グループ展を NHK 千葉支局で開催
以降 「春をうたう絵手紙展」をグループ展として毎年千葉そごう百貨店で開催
日本絵手紙協会評議委員として本部教室にて指導
早稲田大学オープンカレッジ、国公立小学校、カルチャースクール、公民館、 郵便局等で講師を務める日本絵手紙協会公認講師

milk_btn_pagetop.png